高額車査定&車査定おすすめ業者ランキング

カービュー

車買取一括査定・最大8社見積・完全無料
気になる愛車の価格を調べるならココから
提携200社以上!有名店から地域密着専門店まで、自宅近くの専門店がきっと見つかる!
日本最大級のクルマ・バイクの情報サイトで一括査定
中古車買取査定「楽天」

あなたの愛車を高く評価してくれる査定会社がきっと見つかります!
最大9社へ一括査定!
査定依頼すればもれなく
楽天スーパーポイントプレゼントされます!

ズバット車買取比較

150社以上の車買取業者の中から厳選10社の無料一括査定で愛車の最高価格が分かります!
車査定の成功の手引きを詳しく解説してくれています。
高額で愛車を売りたい人は必見です!

かんたん車査定ガイド

簡単な入力項目だけで多数の業者で見積もり査定可能!
イチバン高額な査定結果の業者を選んで取り引き出来ます。
業界団体所属の信頼できる買取店のみと提携してるので安心です
電話査定で当日対応の可能!

ガリバー

車買取業界No.1!ガリバーの無料オンライン査定
メーカー・車種・年式など簡単な入力で愛車の概算価格をお知らせてくれます!
独自の流通ルートの確立で、余分な経費はそのままカット、
その分を買取価格に反映!

車買取比べて最高値【公式】

車買取の際に、比べて最高値で売ることはとても重要です。

おうちやカフェでもインターネットができる環境があればどこでも複数の車買取業者に車査定の一括依頼をすることができ、最高値で売却可能なのです!

しかも無料で出張査定までしてもらえて、最後の高額売却後も手数料なんかとられません!

ほんとに全部無料で高額査定&売却できちゃうんです!下取り査定よりもこの一括車査定のほうが40万円以上も高いことなんてよくあるんです。車査定を依頼するなら、これは簡単便利ですので1度は使ってみてください!

下記のネットで一括車査定ができる、厳選の優良サイトランキングをご利用ください!
入力は簡単ですので数分もあればで完了です!

ぜひ一度おためしください!

車を売る際のトラブルとは

大半の買取業者は、迅速丁寧で納得のいく取引をすることができるでしょう。しかし、中には悪徳買取業者も存在しており、彼らとの買取を巡るトラブルもあります。以下のトラブルの事例を参考にして、悪徳買取業者には要注意です。

契約後に大幅な買取額の減額を要求する

特に出張買取査定で多いトラブルなのですが、契約後に大幅な買取金額の減額を要求してくるケースがあります。正直な話、設備が整っている店舗でも持ち込み査定よりも、設備の整っていないところで行う出張査定の方が査定としては難しいでしょう。

その出張査定で契約をしてから、車を引き取ってもらったところ「不具合が見つかったので大幅な減額をします」というトラブルがあります。最初は異常に高い買取金額を提示して契約をとってから、値段を落としているという可能性もあります。トラブル対策としては、複数の業者に出張査定をしてもらうこと。

そうすれば、異常に高い査定金額を疑うこともできます。ここで見解が分かれるのが、その車が事故車だった場合です。ユーザーが事故車であることを隠して査定に臨んだのであればモラル的に問題ですが、それでも自動車のプロである買取業者が査定時にそれを見抜けないのも問題です。事故車を理由にあとから減額を求められても、原則認めなくて大丈夫です。

車を強引に持ち帰る

こちらも出張査定に多いのですが、「もう少し車を詳しく査定したいので、車を預かってもいいですか」と業者の人に言われるがまま車を勝手に持っていかれてしまった、というケースもあります。

その後、「入庫後はクーリングオフできない」という契約書を盾に強引に買い取ってしまう業者はまだましな方で、なかには車を持って行ったままどこかに消えてしまう悪徳買取業者は要注意です。

通常の買取契約では、まず査定を行ない見積もりを出した後、売買契約を結んでから自動車を引き渡して、それと引き換えに買取店からお金を入金されるという流れです。契約を結ぶまでは、車を業者に渡さないようにしましょう。そうすれば、逆に契約を盾に買取金額の請求を行なえます。

余分な手数料などを請求される

買取業者が出張査定を行なう場合、原則として無料で査定をしてくれます。ディーラーが出張査定をする場合にはお金がかかる場合もあますので、まずこれは頭に入れておいてください。買取業者の中には、買取ができないと分かるや査定料金や交通費を請求してくるところもあります。もちろん、買取業者の出張査定に関しては全く支払う必要はなく、それは例え買取契約に至らなくてもも同じことです。

契約してしまった後にキャンセルは出来るの?

新たな車を購入する際、古い車は処分しなければなりません。どうしようもない車、事故車でしたら廃車も致し方ありませんが、そうでないなら廃車は非常にもったいない。買取や下取りを検討すべきでしょう。

結局、新たな車の購入店と同じ店で古い車の下取りもお願いすることとなりました。しかしその後、一括の買取査定を依頼してみたところ、かなりの高値がついたので下取りをキャンセルしたいとすると、それは可能なのでしょうか。

買取キャンセルの場合

まず重要なのは、契約書がどのような内容となっているかです。その上で、今自分が置かれている状況がどこか、具体的には車と書類がどのようになっているか、それが車を売る際の契約書確認の注意点です。

下取りではなく買取ですが、業界最大手のガリバーでは買取に関して以下のようなキャンセルルールがあります。

まず、車がまだ買取店に入庫されておらずに書類手続きも済ませていない場合、期間にかかわらずいつでもキャンセルが可能です。

車が買取店にすでに入庫されている状態で書類手続きがまだの場合、入庫日から7日後までは無償でキャンセルできますが、8日を過ぎますとキャンセルはできません。

それ以外のケースでは、入庫日の翌日までは無償でキャンセルできますが、3日後からはキャンセル不可となります。

下取りキャンセルの場合

買取よりも状況が複雑になるのが、下取りキャンセルです。買取は買い取ってくれる車だけの問題ですが、下取りは下取ってくれる車と新たに購入する車が絡んできますので。

ここでも、車を売る際の契約書確認の注意点があります。契約をしてすぐ(おおむね5日以内)であれば、キャンセルは比較的容易です。

ハンコを押した時点で本来はキャンセル不可と思いがちですが、販売店としても車が売れてほしい気持ちがありますので、下取りキャンセルを受けてでも売り上げの実績はほしいのです。

とはいえ、さすがに心の中は穏やかではないとは思いますが。

さらに状況がややこしくなるのが、下取りを使ってさらなる値引きをした場合です。新車販売ではよく行われる方法ですが、車両本体の値引きが難しい代わりに、下取り価格をさらにアップさせてそれを値引き代わりにする手法がとられます。

このケースに関しては、時期や販売店によって対応が変わってくるでしょう。売り上げを何としてもほしい販売店、あるいは年度末で売り上げがほしい時期であれば、比較的キャンセルには応じてくれるかもしれません。

関連記事はこちら: