高額車査定&車査定おすすめ業者ランキング

カービュー

車買取一括査定・最大8社見積・完全無料
気になる愛車の価格を調べるならココから
提携200社以上!有名店から地域密着専門店まで、自宅近くの専門店がきっと見つかる!
日本最大級のクルマ・バイクの情報サイトで一括査定
中古車買取査定「楽天」

あなたの愛車を高く評価してくれる査定会社がきっと見つかります!
最大9社へ一括査定!
査定依頼すればもれなく
楽天スーパーポイントプレゼントされます!

ズバット車買取比較

150社以上の車買取業者の中から厳選10社の無料一括査定で愛車の最高価格が分かります!
車査定の成功の手引きを詳しく解説してくれています。
高額で愛車を売りたい人は必見です!

かんたん車査定ガイド

簡単な入力項目だけで多数の業者で見積もり査定可能!
イチバン高額な査定結果の業者を選んで取り引き出来ます。
業界団体所属の信頼できる買取店のみと提携してるので安心です
電話査定で当日対応の可能!

ガリバー

車買取業界No.1!ガリバーの無料オンライン査定
メーカー・車種・年式など簡単な入力で愛車の概算価格をお知らせてくれます!
独自の流通ルートの確立で、余分な経費はそのままカット、
その分を買取価格に反映!

車買取り 皆がやってる些細なワザ

車買取り 皆がやってる些細なワザを紹介したいと思います。

 

まず査定士のチェックするポイントのひとつに「年式」があります。「年式」は、「初度登録年月(軽自動車は初度検査年月)」により決定され、車の新しさを証明します。どんな車でも年式は1月1日に一斉に更新されることになるため、年が変わると1年分古くなってしまいます。年式が新しい車の方が高値で買い取ってもらえる可能性が高いので、年末の車の買い替えを考えてる場合は、出来るだけ年内に査定を依頼したほうがいいでしょう。

 

そして査定士も人間ですので、相手が横柄な態度であれば「信用されない」ですし、マイナス面を探す査定の目が厳しくなるかもしれません…。ですので、安心して買取りをしてもらうためには、短い期間でも査定士と仲良くし信頼関係を築きましょう。

詳しい内容は>>車買取比べて最高値に書いてありますので参考にしてください。

車下取り高い車種

車の車種によっては、比較的下取りの高い車種とそうではない車種とがあります。あらかじめ車種ごとの傾向を知っておくことで、下取りではなく買取にするといった選択も可能となります。下取りも買取も、中古車市場の需要と供給の関係とは無関係ではありません。

コンパクトカー

まずコンパクトカーですが、代表的なものとしてはトヨタのヴィッツ、日産のノート、ホンダのフィットなどが挙げられます。コンパクトなボディに1500cc程度のエンジンを搭載しています。

燃費もよく4人乗りも頑張れば可能、トヨタのヴィッツやホンダのフィットに至ってはハイブリッドカーもあります。中古車市場での引き合いは確かに高いのですが、さほど下取り金額の高い車種とはなっておりません。それは、これらの車は中古車市場への供給も多く、在庫も潤沢にあるからです。

輸入車

輸入車にもさまざまなメーカーがあり、アウディやフォルクスワーゲン、BMWやメルセデスベンツなどが比較的人気のメーカーです。
しかしどの車種でもいいというわけではなく、BMWであれば大衆車のイメージがある3シリーズよりも高級車のイメージのある7シリーズの方が、下取り市場での引き合いも強いため、比較的高価下取りとなっています。

ハイブリッドカー

現在では数多くのハイブリッドカーが世に出ていますが、代表的なものはトヨタのプリウスやアクアです。これも、ハイブリッドカーならば何でもいいというわけではなく、5年より新しいハイブリッドカーに関しては、比較的高額の下取りがつく傾向にあります。

それ以上前のハイブリッドカーとなりますと、ハイブリッドシステムのメンテナンスが面倒で、トヨタのディーラーにもっていかないとならず、その修理代がかなり高額になるため。5年落ち未満であれば、システムも改善されているためトラブルの割合もぐっと減ってきます。

ハイエース、ランドクルーザー、ハリアーなど

いずれもトヨタの車ですが、これらの車はかなり下取り価格が高くなっています。ランドクルーザーやハリアーは理解できるのですが、ハイエースは正直以外ですよね。

これらの車に共通しているのが、乗りつぶすユーザーが多いということ。一度購入してしまうと長い期間故障知らずなこれらの武骨な車は、長い期間乗りつぶす人が多いため、なかなか中古車市場には出回りません。それでいて中古車としての人気は高いので、中古車市場では圧倒的な在庫不足になっている車種です。

関連記事はこちら: